シンスプリントの治療法・治し方

スポーツ障害として10代に最も多発するシンスプリントの治療法や予防方法、シンスプリントの特徴を解説しております。

痛みが徐々に緩和される特徴をもつ

 シンスプリントの特徴は、成長期に発症しやすい障害であること。

 特にスポーツ競技を実践中の子供や活発に運動をしている子供に多く発症する傾向をもつ特徴があります。

 そして、シンスプリントは障害の「再発の可能性」が非常に高い点もひとつの特徴と言えます。

 シンスプリントは、オーバーユースシンドローム系の障害ですから、発症してしまった際は、まず何よりも安静が大切です。

 しかし、初期症状の段階では、痛みは感じるものの、運動は続けることが出来る程度の痛みである為、中々
●自覚症状を把握しづらいスポーツ障害
 のひとつでもあります。

 更に、運動を続けている最中に至っては、最初は痛みを感じていても、
●徐々にその痛みを感じなくなるアスリート
 が多いのもシンスプリントの大きな特徴と言えます。

つま先立ちや軽いジャンプ動作による痛み

 ウォーミングアップの開始時には脛部分に痛みを生じていても、運動を開始すると痛みは徐々に緩和されていく。

 この傾向はシンスプリントに限る話ではありませんが、シンスプリントを発症しているアスリートは、最初の痛みを多少こらえれば、痛みが緩和されていく為、「運動の継続が可能」である点は事実です。

 子供によっては、脛に激しい痛みを感じていても、中々言い出せずに更に症状を悪化させてしまうパターンが多いことも把握しておく必要があります。

 このケースでは疲労骨折に至るケースもありますから大人がしっかりと観察を続けることが重要となります。

 シンスプリントの痛みはつま先立ちや軽いジャンプ動作など底屈動作や、着地時の衝撃によって痛みを発症し始めます。

 足を引きずる動作などが見られる場合は、一度運動をストップさせ、本人が嫌がったとしても症状をしっかり確認していきましょう。

 もし運動の継続を検討する場合は、アイシングパックなどを準備し、担当の医師と相談の上、リハビリ治療を実践していくことが大切です。