シンスプリントの治療法・治し方

スポーツ障害として10代に最も多発するシンスプリントの治療法や予防方法、シンスプリントの特徴を解説しております。

タオルギャザーとは?

 シンスプリントのリハビリ方法のひとつとして、タオルギャザーがあります。

 これは、足裏のアーチをつかさどる
●下腿の筋肉郡
 を強化する事で、アーチを強く保ち、シンスプリントの再発の予防に努めるトレーニングです。

 シンスプリントは、ランニングの着地時などの衝撃やストレスによって足関節の外反・回内による張力が骨膜に炎症を発症させる要因のひとつとも考えられております。

 その為、足裏の衝撃吸収能力が低下している偏平足の足裏の場合や回内足の場合は、シンスプリントを発症しやすい状態にあると言えなくもありません。

 このような偏平足や回内足の治療にもタオルギャザーは効果があります。

 タオルと錘となる本一冊もあればできるリハビリ用のトレーニングなので実践してみましょう。

タオルギャザーのやり方

 タオルギャザーの方法をひとつずつ見ていきましょう。

 まず、地面にタオルを置き、そのタオルの前方に本など軽い錘をのせます。

 そして、そのタオルの手前側を足の指だけでつかみ、手前に引いていきます。

 タオルギャザーの原理はこれだけで、主に足の指から足裏に繋がる筋肉群を強化するトレーニングでもあります。

 タオルを引っ張りきって、足指に錘がついたら1セット終了。

 これを基本的に10~20セット程度繰り返していきます。

 負荷は錘によって上げることは可能ですが、錘を増やすより、セット数や頻度を増やし
●回数をこなす事
 に重点を置き、疲労に強い筋力を形成する事が大切です。