シンスプリントの治療法・治し方

スポーツ障害として10代に最も多発するシンスプリントの治療法や予防方法、シンスプリントの特徴を解説しております。

シンスプリントの治療法・治し方【サイトマップ】

シンスプリントとは?
 シンスプリントとは医学的な正式名称では、脛骨疲労性骨膜炎と呼ばれる、慢性的な疲労から発症する主に、スポーツアスリートに発症…(続きを見る)

成長期に脛に痛みを生じる障害の代表
 シンスプリントは、下半身、膝から下の「下腿部」にかけて発症するスポーツ障害の中では非常に確率の高い脛に痛みを生じる障害の代表です…(続きを見る)

治療法の基本は安静から
 シンスプリントの治療法は基本的には絶対の安静が一番です。シンスプリントは脛骨疲労性骨膜炎と呼ばれるように骨膜に炎症…(続きを見る)

ギプス固定や手術は原則不要
 シンスプリントの治療では骨折時や捻挫、靭帯損傷時に行われるギプス固定などの処置は原則として行いません。後述する疲労骨折の初期症状…(続きを見る)

松葉杖などの装具の使用について
 シンスプリントの診断を受けた場合、病院によっては松葉杖を使用するよう促される場合もあります。このような装具を利用する治療を装具療法…(続きを見る)

疲労骨折に繋がるケース
 病院の医師の診断によっては、「シンスプリントは運動してもOKですよ。」と診断する場所もありますが、実際に子供が運動を始めた場合は、痛みに合わせて運動をセーブ…(続きを見る)

シンスプリントのテーピングの巻き方
 シンスプリントを発症してしまった場合のテーピング方法をご説明しますね。シンスプリントのテーピングではまず下腿半分より下にアンダーラップ…(続きを見る)

直接皮膚にテーピングを巻くパターン
 シンスプリントのテーピングに限らずテーピングを実施する際は、テーピングを張る前にアンダーアップを巻きます。このアンダーアップとは、直接テーピングを実行するとテーピングのテープを…(続きを見る)

再発予防も視野に入れてリハビリを実践
 シンスプリントのリハビリには、いくつかの方法がありますが、リハビリは運動を徐々に再開する形で実践していきます。この際、覚えておきたいポイントとしてはリハビリ期…(続きを見る)

リハビリ期間と進め方の注意点
 シンスプリントの治療は長期間に渡って治療を行っていくケースが多く治療期間は数ヶ月単位になることもあります。同様にリハビリに関しても時間をかけて少しずつ運動強度…(続きを見る)

痛みが徐々に緩和される特徴をもつ
 シンスプリントの特徴は、成長期に発症しやすい障害であること。特にスポーツ競技を実践中の子供や活発に運動をしている子供に多く発症する傾向…(続きを見る)

つま先立ちや軽いジャンプ動作による痛み
 ウォーミングアップの開始時には脛部分に痛みを生じていても、運動を開始すると痛みは徐々に緩和されていく。この傾向はシンスプリントに限る話ではありませんが…(続きを見る)

シンスプリントの症状の特徴
 シンスプリントの症状の特徴として下腿内側にあたる脛骨の下方1/3に痛みが発生するのがシンスプリントの症状の特徴…(続きを見る)

症状の進み方の考察
 シンスプリントのすねの前面部分の痛みは初期段階では脛骨に沿って、違和感を感じるような鈍痛から始まります。初期段階では足の底屈・背屈を行うと脛に軽い痛みを感じる程度…(続きを見る)

タオルギャザーとは?
 シンスプリントのリハビリ方法のひとつとして、タオルギャザーがあります。これは、足裏のアーチをつかさどる下腿の筋肉郡…(続きを見る)

タオルギャザーのやり方
 タオルギャザーの方法をひとつずつ見ていきましょう。まず、地面にタオルを置き、そのタオルの前方に本など軽い錘…(続きを見る)

具体的な予防対策について
 シンスプリントの予防で最も大切な事は、基本的な事となりますが何よりも疲労を溜め込まないことです。シンスプリントは初期段階…(続きを見る)

柔軟性の強化とマッサージの実践
 疲労の蓄積の予防に有効な方法としては日々のストレッチとマッサージがあります。シンスプリントを発症するようになるのは10代が最も多く中学校高学年以降…(続きを見る)

跳躍型疲労骨折と疾走型疲労骨折
 シンスプリントから悪化し疲労骨折に至る場合は、その大半が下腿にある脛骨の疲労骨折となります。実際、全身に発症する可能性のある疲労骨折…(続きを見る)

疲労骨折を発症してしまった場合の復帰の目安
 脛骨跳躍型疲労骨折は、脛骨(すねの部分)前面に働く張力が原因で脛骨の前中1/3に発生します。この場合は、回復までに非常に時間がかかり、通常、復帰まで4ヶ月以上、平均的…(続きを見る)

長時間のランニングやジャンプ動作が影響
 シンスプリントを発症する主なスポーツ競技は以下となります。陸上(特に長距離系のマラソン)●バスケットボール●バレーボール…(続きを見る)

練習環境の変化による再発の可能性
 シンスプリントの発症は練習環境が突然変化したような場面でも急性の症状を発症するケースもあります。よくあるケースとしては、部活の練習量が急激に増えたようなケース…(続きを見る)

ジャンパーズニーとは?
 バスケットボールやバレーボールなど、ジャンプ系競技アスリートにはシンスプリントと同様にジャンパーズニーの発症が多いのも特徴です。ジャンパーズニーとは、頻繁にジャンプを繰り返す…(続きを見る)

痛みの原因は膝蓋靭帯の炎症
 ジャンパーズニーはシンスプリントの症状である脛骨部分より更に上部の膝の皿よりやや下方にあたる膝蓋靭帯付着部分に痛み…(続きを見る)